置き換えダイエットが失敗する3つの理由

「置き換えダイエット」とは、よくテレビや雑誌で紹介される代表的なダイエット方法で
「普通の食事を1食~2食ダイエット食品に置き換える」というダイエットです。

有名なところではマイクロダイエットなどがあります。
理屈としては、普通の食事よりも栄養バランスのとれた低カロリーな食事を置き換えることで総カロリーが少なくなり痩せるということです。

置き換える食品は、ジュースやスープ、雑炊や麺類、フルーチェのようなものまで様々。
各社出しています。

買うほうも手軽で理屈が分かりやすいために手を付けやすい。

しかし、この置き換えダイエットは成功した人は一握りで、他のたくさんの人が失敗しています。
なぜでしょう?

失敗の原因その1:やっぱり食べるものに対するストレスがたまる

ダイエットの最大の敵は「ストレス」です。
食に対するストレスは蓄積してリバウンドを引き起こす原因。
たとえ1食置き換えるだけ、とはいえ毎日低カロリーの決められた食事を続けることは脳に楽しみをあたえません。

せっかく数キロ減ってもやめたとたんに「これで元の食事に戻せる!」と戻したとたんに、以前よりカロリーの高いものを我慢していた反動で食べてしまって前より、太った、、なんてよくある話です。

失敗の原因その2:お金がかかる

マイクロダイエットでもそうですが、どうしても価格が高価になります。
かといって、低価格の置き換え食品は栄養バランスも悪くダイエット的に効果があるものは少ないです。
高価になってしまうと、経済的に続かない。
続かなければ元に戻すしかない。
やめてしまえば減っていた体重も戻ってしまうんです。

失敗の原因その3:みんなで食事が楽しく食べられない

たとえダイエットといっても、家族で住んでいる場合に一人だけ「私これ食べる」とはなかなか出来ません。
それができたとしても、親からみたら「なんて危ないダイエットをしているんだ」と普通の食事を勧めるでしょう。
そんな親の発言を聞いてせっかくダイエットしてるのに、とイライラしてしまう、、なんて図式はすぐ出来上がります。

一人暮らしで一人でいつも食事を食べていたり、みんなで一緒に置き換えダイエットをしているのならよいのですが、大抵違う場合が多いと思います。
——————————–
以上が置き換えダイエットが失敗してしまう3つの理由です。
それを踏まえて今度は「置き換えダイエットが成功するための3つの提案」をしていきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク