むくみ解消、イライラ軽減にも!グルテンフリーダイエットの方法|足子のゆるゆるダイエット

むくみ解消、イライラ軽減にも!グルテンフリーダイエットの方法

グルテンフリーダイエット (一般書)

元ミスユニバースジャパン、公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんが提唱するグルテンフリーダイエットはうどんやパスタ、パン、ケーキ等に入っているグルテンを避けるというダイエット方法。

中毒性があり、女性ホルモンのバランスを崩したり、イライラの原因になったり…とグルテンはなかなか曲者です。

「ダイエットしているのに気持ちばかりイライラして成果が出ない!」そんなときはこのグルテンを疑ってみましょう。

お腹がすいても普段食事は食べないように我慢しているけど、たまに食べる食べ物が小麦粉でできた栄養補助食品だったり、クッキーだったり…。

たまに食べた食事に含まれているグルテンのせいで必要以上にイライラしてしまっているのかも??

グルテンをカットすることで女性ホルモンが整い、ダイエット時や生理前のイライラも軽減されて暴飲暴食しないで済みます。

女性ホルモンのバランスがよくなることで生理前の浮腫も良くなるんだとか。

グルテンはうどんのモチモチ、ケーキのふかふかを実現するたんぱく質。日常的に食べているいろいろなものに含まれています。

グルテンフリーダイエットで食べてはいけないものとは?

グルテンフリーダイエットで避けたい食べ物は

うどん、パスタ、パン、ケーキ、クッキー、ラーメン等の小麦粉が含まれている食材。

それに、マーガリン、ショートニング、加工植物油脂、人工甘味料です。

マーガリンやショートニングはお菓子に使われることが多いですが、「トランス脂肪酸」といって気分が落ち込んだり生理痛が重くなったりと、体に悪影響が出るといわれ欧米では規制されています。
(日本でも最近注目されているので揚げ物のお惣菜に「トランス脂肪酸は入っていません」という表示があったりしますね。)

お米、チーズ、お肉は食べてもOK!

「パンやうどん、パスタって…ほとんどじゃん!!」と思ってしまうかもしれませんが、これは日本人が大好きな「お米」は食べてOKということ。

もちろん、食べ過ぎはいけませんが、お米やお肉、チーズも食べられるなんてだいぶ気が楽なダイエットですよね。

友達とお食事するときでも気を使わなくて良さそうです。

コンビニで買うなら?

学生さんや、OLさんの場合「そうはいっても、コンビニでお昼を買うからグルテンフリーは難しいんじゃないか」という人もいると思います。

コンビニで食べ物を買う場合はツナ缶、サケ缶、焼き魚、ゆで玉子、フルーツ、サラダ、冷奴、などが良いそう。

コンビニサラダのドレッシングは悪い油が使われていることが多いのでオリーブオイルやアボカドオイルを持ち歩くことをおすすめしています。

自然とカロリーもカットできそう?

小麦でできたパンやお菓子を避けることで自然とカロリーがカットされてダイエットができますし、
グルテンをカットすることで精神も安定してリバウンドもしにくくなります。

まずは朝のトーストをご飯にすることからはじめてみてはいかがでしょう?